浜松の鍼灸院「首から上の症状専門」
浜松市中区の鍼灸院 浜松はりきゅうASA

耳鳴り

 

 

当院 3つの特徴

写真は左右にスライドできます

 

耳鳴りでお困りのあなたへ

 

  • 耳鳴りがするけど何処に相談して良いかわからない。

 

  • 耳鳴りは一生付き合わなければならないと言われた。

 

  • 突発性難聴・中耳炎・耳管解放症は治ったが耳鳴りはする。

 

  • 疲れたり、寝不足だと耳鳴りが出てくる。

 

  • 耳鳴りが生活のさまたげになる。

 

 

 

 

耳鳴りの本当の原因・・・とは。

 

実は、肩や首、耳の周り、顎の周りの硬さが原因だとご存じでしたか?

 

当院には耳鳴りを完全に改善したいと考える方が多数来院され改善にむかわれています。

 

耳鳴りは、放っておくと脳で定着し慢性化してしまいます。

 

もし、あなたが耳鳴りの症状をお持ちならば、是非1度当院のコネクト鍼を受けてみてください。

 

耳鳴りは、施術を開始する時間が早いほど効果が出る可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年くりかえす耳鳴り

 

10年ほど前から、ストレスや疲労が続くと耳鳴りが始まり、1~2年に1度くらいのペースで耳鼻科を受診してました。

 

しかし、今回はステロイドを服用しても全く耳鳴りが治まることはなく、頭鳴りがするほど悪化してしまい藁にもすがる思いでネットで検索し、先生の所に辿りつきました。

 

初診の時には時間をかけて丁寧な問診と説明をして頂き、患部に鍼を打つのではなく、別の部位から遠隔で治療するという事には驚き、最初は半信半疑でした。

 

しかし施術後すぐに耳鳴りはあったものの、首筋や頭の凝りは一瞬で緩んだ自覚がありました。 

 

家に帰宅し、夕食を食べ終わる頃から目眩が始まり、その日は早めに就寝しました。

 

翌朝目覚めると目眩も治まり、耳鳴りは8割くらい気にならなくなっていました。

 

人によっては好転反応が出る事も説明を受けていたので、目眩も好転反応ととらえ、全く気になりませんでした。

 

1度の施術で、かなり改善がみられ「いざとなったら先生の所に行けば治してもらえる」と思えるようになったせいか、精神的にもラクになり、耳鳴りは続いていたものの、殆ど気にならなくなりました。

 

その後も良くなったり、悪くなったりを繰り返しましたが、

すぐに連絡して対応して貰う事で、酷くならずに済みました。

 

とりあえず今回の耳鳴りは完治という事で、治療は終了しましたが、今後もストレス等で、耳鳴りが再発する事があると思いますが信頼できる先生に出会えたお陰で、全く耳鳴りに対する不安がなくなりました。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

大きな病院でもあきらめていた耳鳴り

 

低音障害との併発で生活にししょうが出る程の耳鳴りが発症し通院させて頂きました。

 

初診から大変ていねいに相談、診察していただき10回程週1ペースで通わせていただきました。

 

おかげでほとんど気にならない程度まで回復しました。

 

大きな総合病院でも半分諦められてたような感じだったので感謝しかありません。

 

他の体の気になるところも相談に乗って頂けるというお話でしたのでその時は是非またお願いしたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

 
何かあった時は、まずみてもらいたい」
 
 
いとう治療院 院長 伊藤仁先生

 

 
「あなたのカラダのどこが原因かすぐに見抜いてくれるでしょう」

 

蓮見整骨院 院長 蓮見弘樹先生

 

 

そもそも耳鳴りとはどういう症状?

 

 

ほとんどの耳鳴りは自分しか聞こえない自覚的なものですが、なかには他人も聞く事ができる他覚的な耳鳴りもあります。

 

耳鳴りの方には、70%から80%の人に聴力の障害があると言われています。

 

一般的に耳鳴りが起こってしまう原因として以下のものがあげられます。

 

1外耳が原因

外耳道炎、外耳道異物、外耳道狭窄

 

2中耳が原因

中耳炎、耳管開放症、耳管狭窄症

 

3内耳が原因

メニエール病、突発性難聴、騒音性難聴、老人性難聴

 

4神経・脳が原因

脳出血、脳腫瘍、聴神経障害

 

5その他

薬物性、心因性、更年期障害

 

6原因不明

 

 

一般的な耳鼻科や鍼、整体での対処法

 

1.病院での対処法

 

耳鳴りの原因になっている病気があればまず、そちらを中心に対処します。

 

耳鳴りに対しての処置

〇薬物療法

ビタミン剤、血流改善剤、精神安定剤、抗不安定在

 

〇マスカ―療法

耳鳴りと同じ周波数の音を確定して、補聴器と似た機械によってその音を聞く事で耳鳴りを意識させない様にする療法です。

 

〇手術療法

局所麻酔薬を中耳に入れます。中耳に入った局所麻薬薬は内耳にしみこんで、内耳が原因の耳鳴りは一時的になくなります。

 

〇心理療法

検査をしても原因が特定できない耳鳴りには、心療内科などでカウンセリングや自律神経訓練法をおこないます。

 

2.鍼灸院での対処法

 

耳の周りに直接鍼をして血行を改善します。耳の症状に良いと言われるツボに鍼を刺します。

 

3.整体院での対処法

頭蓋骨の調整や、脊椎の調整などを行います。

 

 

当院の耳鳴りに対するアプローチ

 

当院が考える耳鳴りの原因

 

 

 

耳鳴りの症状は、耳の周りや首肩が硬く凝ってしまっている為におこります。

人の皮膚の下の組織は全身つながっています。

 

首や肩、耳周り、顎周りの皮膚下の組織が硬くなって凝ってしまったら耳の中の中耳、内耳まで硬く凝ってしまう事になります。

 

そのような状態だと、今まで耳の中が柔らかく正常に伝わっていた音が、上手く伝わらなくなってしまい耳鳴りの症状がおきてしまいます。

 

当院では、耳の中までつながっている耳周りや首肩、顎周りの凝りを緩める事で耳鳴りの症状を改善に導きます。

 

 

硬さや凝りの原因をこう考えます

 

起因点(原因のきっかけになっている所)

一番最初のきっかけとなったものです。

 

過去のケガや手術の後、体の癖などが起因点となり原因点を引っ張り硬くしてしまいます。

 

原因点(症状の原因となる所)

起因点によって動きが変わってしまったり負担がかかってしまった所が原因点になります。

 

原因点が硬くなり発現点を引っ張り硬くなります。

 

発現点(症状が出ている所)

症状が出ている所は、結果として現れていると考えます。

 

時間が経過するに従い、起因点・原因点・発現点は、それぞれが影響しあって負のループに入ってしまいます。

 

負のループに入ってしまうと、慢性的になり体の本当の問題点を見つけ出す事がなかなか難しくなります。

 

当院は、症状が出ている所だけにとらわれず、体全体をみて総合的にあなたの原因点、起因点を分析し、根本の要因を取り除く施術をおこないます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鍼灸でのアプローチ

 

 

鍼灸では、内耳(振動を電気信号に変換する所)への血流を改善させる事で耳鳴りの症状
を改善させようと考えて施術します。

 

内耳には血管条といわれるものがあり、これが内耳に伝わった振動を電気信号に変換するのに重要な役割をしています。

 

名称からわかる様に、血管が集まっている所でここに血流が集まらないと、音の変換やリンパの状態を良い状態に保てず、難聴が起きたり、リンパ液が溜まりすぎ眩暈が起きたりすると考えられています。

 

 当院の耳鳴りへのアプローチ

 

当院では、耳の内耳の血流にアプローチします。この為、耳周囲の血流を改善する施術をします。

 

具体的に耳鳴りがある側の肩や首、特に頚の筋肉の緊張を改善させます。また、顎の関節周囲も耳に関係しますので顎も重要な施術箇所となります。

 

内耳は頭の奥にある為、奥の血流を改善させなければなりません。その為には、頭の奥にある必要な筋肉の血流が改善されるツボを選択する必要があります。

 

実際の施術では直接、耳周囲に鍼施術をすると一時的には良い状態になりますが、非常にデリケートな症状である耳鳴りは、必ず鍼の刺激が反応となって耳鳴りがもどってしまいます。

 

当院では、直接耳には鍼施術をしません。手や足背中などのツボを駆使して耳の奥(内耳)の血流を良くし、耳鳴りの症状を改善します。

 肩と首のコリを改善

 

 

耳鳴りの原因の一つにストレスがあげられます。実際に、強いストレスを受けた際には、耳鳴りが強く出る傾向にあります。

 

では、ストレスとは何か。

ストレスとは、ざっくりした表現で具体的なものがみえません。また、ストレスの無い生活は現代の社会では無理な様です。

 

それならば、耳鳴りがある患者さんはどうすればよいのか?

ストレスを受けても耳鳴りが強くならない・もしくは耳鳴りが起こらない身体にする事です。

 

当院に来院される耳鳴りがある患者さんの身体を触診すると、耳鳴りがある方の頚と肩の筋肉が硬くなっています。実は、この頚と肩の筋肉の緊張は、身体のバランスが崩れている状態が続いていた為と、ストレスによって背中に負担がかかった為です。

 

頚と肩の筋肉が緊張している為に、耳の奥に流れる血流が阻害されてしまい、内耳でに上手く音を変換できず雑音として脳に伝わり耳鳴りが出てしまうというしくみです。

 

当院では、この頚と肩の筋肉の緊張を根本から改善し内耳への血流をうながします。

 

顎関節を改善

 

耳鳴りを改善させる為には、実は顎関節の動きが重要だと考えています。

 

顎関節の周りの筋肉が硬くなり内耳の血流を阻害している可能性があるのです。

 

顎関節内耳お近くにあり口を開けたり閉じたりすると耳の奥で音がなるのも関係が深い証拠です。

 

顎関節の調整をする事が耳鳴りの症状を改善させる事につながっています。

 

当院で使う耳鳴りを改善させるツボ

 

 

Q

 

保険はつかえますか?

 

A 

 

当院の施術はずべて自費でおこなっております。申し訳ございませんが保険は使えません。

 

 

Q

 

どんな服装で行けばいいですか?

 

A

 

施術を行う前に当院の施術着に着替えて頂くので、どのような服装でも大丈夫です。

 

 

Q

 

駐車場はありますか?

 

A

 

車3台分の駐車場と駐輪スペースがございます。

安心してお車や自転車でいらして頂くことができます。

 

 

 

耳鳴りの状態を少しでも軽減させ、患者さんと一緒に歩んでいく事が当院の方針です。

 

ボリュームが10だった耳鳴りが6や5程度に軽減しただけでも、日常生活でのイライラ感が少なくなり自律神経の安定につながります。

 

当院にいらっしゃる患者さんの多くは、メニュエール病や突発性難聴の際に耳鳴りが起こり、その病気が治ったにも関わらず耳鳴りが残ってしまった方がほとんどです。

 

耳鳴りがひどくなる事によって、またその病気が起きるのではないかと不安になり、その不安が耳鳴りを余計に強くしてしまうと言った負のスパイラスになってしまいます。

 

そんな不安が起きない身体にしたい、また不安に感じた時は「浜松はりきゅうASA」にお任せ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

  • 診療案内
    診療時間:(月~木・土・祝日)9:00~12:30、15:00~19:00 (日曜)9:00~14:00 (金曜)休診日
  • 営業日カレンダー
    « 2020年11月»
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    « 2020年12月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休日
  • アクセス外観
    アクセス外観
  • ご来院地域
    浜松市
    中区、北区、南区、東区、西区、浜北区
    掛川市
    静岡市
  • オフィシャルブログ
    オフィシャルブログ
  • 最近のブログ投稿
  • 巻き爪矯正
    巻き爪矯正
  • LINE 友だち追加&予約

     

    友だち追加
Twitter